お花たちのその後
先日、茅ヶ崎にある住宅展示場のモデルハウスで、お花の展示会をやりました。
もちろん、展示会が終わればお花は撤収です。まだ蕾の状態のものも多く、捨ててしまうには忍びない・・・。そういうわけで、家に持ち帰り、アレンジしなおしました。
c0000873_1115986.jpg
春のイメージで花材を選択し、スパイラルブーケを作ったこちら(↑)は、蝶が飛んできそうな春の野原のイメージで。全面にある二つの作品は、先週作ったプリザーブドフラワー。こうして、いくつかの作品を合わせると、面白いものができますよね。
c0000873_11185844.jpgこちら(→)は、立派なカラーだったので、凛としたカラーを生かしたアレンジにしました。展示会では花器から外へ飛び出るイメージで作りましたが、今度は真っ直ぐ空に向かって伸びていくイメージ。同じ花材ですが、アレンジの仕方によって、イメージもすいぶん変わるものですよね。
ちなみに、狭い我が家は今、こうした花材で溢れておりまして、ひと部屋に4つぐらい花が置かれています(物置部屋にも!)。誰かもらってください・・・願。

※同じ壁の色なのに、灯りがある(=夜)写真上と、ない(=昼)写真右下では写真の色も大違いなんですねぇ。

<花材>
写真上:ミモザ、ぜんまい、麦、スプレーマム(ヨーコ・オノ)、ガーベラ(黄・オレンジ共に品種不明)、スプレーバラ(黄・品種不明)
写真右下:カラー、アンセリウム(グリーン・白共に品種不明)、スプレーマム(ヨーコ・オノ)、オオニソガラム、ラナンキュラス、ミスカンサス
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2005-03-29 11:33 | お花のある暮らし
<< コース最終日 5719の謎。 >>