修行の旅のお楽しみ
c0000873_14542680.jpg今年も残すところ1ヵ月ちょっと。毎年、この時期は年賀状に悩まされます。
こんにちは。全くもって図案が浮かばず、夢でも年賀状にうなされている たいたいです。

先週、一週間、恒例の韓国修行の旅に出かけてきました。
毎年、黄金週に行くのですが、今年は延ばし延ばしで、とうとうこんな時期に。
到着翌日から、寒波が押し寄せ一気に気温は零下に。
出発時の気温22度から零下の洗礼。まるで冷凍庫ですよ?
寒い、寒いぜ!となると、食べるものは、あったまるお鍋やお肉(←寒さ関係なし)になってしまうわけです。
お肉は食べることに精一杯だったので、今回は鍋物をメインに。
写真右上はヲットが楽しみにしていたソウルの焼き肉屋さんのクッパップ(韓国風ぞうすい)。以前、ヲットはこのお店の近くに住んでいたので、よく食べに行っていました。
でも、残念ながら味が変わってまして・・・・。楽しみにしてたのに、残念。ぐすん。いや、まあ、不味くはなかったんですけどね。
写真左下は韓国の老若男女にこよなく愛されているブデチゲ(ハムとソーセージの鍋)。一般的には、スパム、ベーコン、ソーセージに加えて、ラーメンとチーズが入ったりするのですが、こちらのお店はうどんが入っていました。ラーメンは追加して入れたのですが、これが一袋分の大きさ。いかに大きなお鍋かということがお分かりいただけるかと。
写真下中はスンデコプチャンジョンゴル(韓国風腸詰とホルモンの鍋)。ここ数年で、韓国料理はずいぶんいろんな物が紹介されるようになり、日本でも食べられるお店がぐぐっと増えましたが、このスンデは好き嫌いの分かれるところだと思います。ええ、もちろん、私は大好きなわけですが。
で、そのお鍋を食べ終わった後に、スープで作るのが写真右下のポックンパプ(チャーハン)。たいていのお鍋はこんな風に最後にご飯を入れてポックンパプにします。あんなものやこんなもののエキスがしみ出ていて、すこぶる旨し。
日本の韓国料理屋さんではそれがチャーハンではなく雑炊になってしまうのは、なぜでしょう。残念なところです。
c0000873_15221972.jpgc0000873_15223022.jpgc0000873_15223965.jpg
今回の旅、残念ながら行ってすぐに口内炎ができてしまい、たくさん食べられませんでした。次回は来春の黄金週の予定なのですが、その時は万全の態勢で臨まねばっ!
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2009-11-27 15:27 | 韓国B級グルメ
<< 大船のフレンチ 食いしん坊の会@11月 >>