美味しい寄り道
c0000873_11134115.jpg我が家の黄金週が終わりました。お休み前に予想はしていたのですが、見事に1.5㌔ほど逞しくなりました。
こんにちは。どうしてこういう予想は一度として裏切られることがないのか不思議でしょうがない たいたいです。

日帰り温泉に行く前にちょっと寄り道をしたい所がありました。
そのひとつが、こちらのパン屋さん。3月に閉店した伊勢原Benoîtonの姉妹店(?)です。高橋さんが亡くなった後、お弟子さんたちがその意思を継いで各県でお店を出されているようですが、こちらはBenoîtonと同時進行で営業されてきました。もちろん、国産小麦(湘南小麦)使用。Benoîtonと同じ物もあります。
和をテーマにしたパンが多い中、和以外の物もあれやこれやとたくさん購入。
夫婦二人なのにまた調子に乗ってしまいました。
c0000873_11403992.jpgええ、学習できないんですよ。ワタクシ。ほほほ。
家まで待てないので、車の中で2~3個ほどつまみ食い。←もはやつまみ食いの域を超えている
どれもこれも、パンからいい香りが漂ってきます。
食感もワタクシ好みのちと固め。美味すぃ・・・。
給食で食べた揚げパン。
c0000873_11404834.jpg懐かしくて買ってみたのですが、もう全然別物。パンが違うとこうも違うのか!と。
残りのパン(写真左)は、翌朝、全てぺろりんこといただいきました。
もう少し近ければ、通いつめて全制覇したいところです。ちなみに、この日は2時過ぎにお店に行きましたが、もう売り切れのパンが結構ありました。クリームパン、食べてみたかったのになぁ。

もうひとつのお目当ては、やはり某番組で5位にランクインしていた外郎。
和菓子は苦手なのですが、小豆の入っていない外郎(←ここ重要)は昔から大好きです。
c0000873_1204759.jpg諸説あるのでしょうが、外郎の発祥の地は小田原なのだとか。これまでワタクシ、外郎は名古屋だとばかり思っておりますた。
店構えも非常に立派で、初めて小田原を訪れた人は小田原城と間違えるんじゃなかろうかと心配すら覚えました。(※間違えません)c0000873_1205727.jpg
店内には昔の名残なのか、お薬も売られていて、薬剤のカホリがぷぅ~んと漂う何とも言えない空間。
今回は食べ慣れた白と、お店の方の「本来はお砂糖と言えば、黒砂糖でしたから黒のほうが古くからあるんですよ。」という言葉に、黒を購入。
白はあっさり、黒は(当たり前ですが)黒砂糖独特の香りがし、美味しかったです。
余談ですが、関東に来てスアマなる和菓子を知りました。あんこなしの皮だけ菓子をこよなく愛するワタクシには持って来いの和菓子。外郎と似ていると思いませんか?

本日のお店 その1
足柄下郡箱根町湯本71-5   TEL:0460-83-9600
本日のお店 その2
小田原市本町1-13-17     TEL:0465-24-0560
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2010-05-06 12:19 | 美味しいもの探索
<< お取り寄せの会@5月 近場で >>