オリーブ果汁
c0000873_1418612.jpg今週末、新たな日本代表の国際試合が行われます。もちろん、このお方も選ばれているわけで。前々から代表に選ばれたら帰国したい的なことを言っていたわけで。
万が一、万が一、日産スタジアムで試合が行われたら、電車1本だし、行きたい!行きたいぜ!
・・・・という、ワタクシの念願叶ってか、試合は日産スタジアムで行われるのですが、いかんせん今年の夏はバテバテで、引きこもり生活が続いていたのです。
こんにちは。猛反対するヲット(ちなみに、ヲットは大のサッカー好き)をいかに説得するかを模索中のたいたいです。嗚呼、時間が・・・。時間が迫っております。

さてさて今日はオリーブオイルのお話。
もうかれこれ5年ほど前のこと。とあるイタリアンのお店で出てきたオリーブオイルに衝撃を受けました。なんていうか、これオイルなの?果汁ぢゃありませんか。飲めますよ、お客さん!的な。
それまで、あまりオリーブオイルにこだわりはなかったのですが、あまりの美味しさに、お店の方に銘柄や購入方法なんかを詳しく聞き(←やな客)、以来、ずっとトスカーナ産のそのオリーブオイルだけを使っていました。
が、しかし。いかんせん、ちとお高い。我が家はオリーブオイルを非常に使う家庭でして、こりゃオリーブオイル破産するな、と。そんなわけで、ここ1年ぐらいは経済的でお財布に優しいオリーブオイルを使っていたのです。
でも、そろそろ美味しいオリーブオイルが欲しいなー、と思っていたところ、とあるお方から「オリーブオイル、興味ありますか?」のメール。しかも、ギリシャ産カラマタオリーブです。
んもぅ、「あります」を100回ほど繰り返し、返信しました。←ただの嫌がらせでは?
送っていただいたのは、GOURMANTE社カラマタEXVオリーブオイル
早く食べてみたかったので、とりあえず家にあるバタールにつけてみました。

んめ~~~~~~~~~!!

いや、美味しいことは開けた時点で分かっていたのです。香りが半端じゃありませんでしたから。飲めるオイル。果汁ですよ、果汁。サラッとして、フルーティーなのです。
もったいないので、パスタの最後に回しかけたり、パンやドレッシングに使ったりと、できるだけ火を通さず、オイルそのものを楽しもうと思いました。

※ちなみに、以前使っていたトスカーナ産のオイルはDOP認定、こちらのオイルはPDO認定を受けています。どちらもヨーロッパの原産地呼称保護制度だと思っていたのですが、文字が違うと言うことは違う意味なんでしょうか。ご存知の方、教えてくださいませ!
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2010-08-30 14:52 | キッチンでのお話
<< スリランカとインドの違い 久方ぶりのお気に入り >>