実験その3 ミルクパン
実験君再び。
今日も例の粉で焼いてみました。今日のテーマはふっくら、ふんわり、柔らかに。
と言うことで、かなりリッチなパンのレシピです。
c0000873_1621148.jpg
結果はと言うと、あれれ?と思うぐらい上出来。韓国在住の皆様、これなら、いけるかもしれませんよー。もちろん、まだ焼いて数時間しか経ってないので予断は許されませんが。
気になるところが数点あるので、こちらが解決できたら、レシピのUPができそうです。
韓国在住の皆様、乞うご期待。
さてさて、このパン、写真にブロートヒェンと文字を入れましたが、「形が」ってことで(汗)。
え?形もブロートヒェンじゃないって?偉い!気がついたアナタ、本当に偉い!
そう、形も失敗しました。なんでかなぁ・・・と思い、パン教室のレシピを探してみたら、まったく形成の仕方が違ってました(汗再び)。←しかも、一度作ってたことも忘れてたし。
でも、ブロートヒェンとは、ドイツ語でブロート(=パン)、ヒェン(=小さい)という意味らしいので、こじんまりとまとまった、このパン、ブロートヒェンに間違いと思われ。←開き直り。

後ろの方にちょっとだけ見えるのは、明太子とルッコラのペンネ。先日、うちの食卓 Non solo italianoさんちで紹介されていました。
明太子のパスタ、ルッコラのパスタは、それぞれ大好きでよく作るのだけれど、合わせ技は考えたことなかったなぁ。
明太子もルッコラもあるし、作ってみますか、ってなわけで、今日のランチ。
常温に戻したバターに明太子、お醤油、レモン汁を合わせて、アツアツのパスタを絡める。お皿に盛ったら、大量のルッコラをどっかーーーーーーん!
我流ですが、簡単で美味しいですよ。お試しあれ。
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2005-06-03 16:50 | 手作りパンの香り
<< キャラメルシリーズ その2 ハートブーケ >>