もちもちゴマパン
c0000873_14543746.jpgこの季節になると、学生らしき若者に席を譲ってもらった暗い過去を思い出します。私が妊婦だとでも?優しさは時に人を傷つけます。
こんにちは、たいたいです。

とあるブログを見ていたら、無性にチョコチップフレンチが食べたくなりました。もちろん、たくさん作っても私が食べるのは1つ。残りは、我が家の甘いもの処理班(=オット)が何とかします。
さっそく!と思っていたら、オットに、甘くないパンが食べたいと言われてしまいました・・・ヨヨヨ。
そんなわけで、今日のパンは前々から一度作ってみたいと思っていたゴマパン。





実は、このゴマパン、タピオカ粉が入っているので、かなりもちもちします。
韓国に住んでいた頃の(私の中で)唯一のヒットパンに찰깨빵(チャルケッパン=もちもちゴマパン)というのがあります。それをぜひ一度作ってみたかったのです。

※ 食事用に少しアレンジしてあるので、찰깨빵とは少し異なります。

レシピ:6個分(パンは生きています。生地の延び具合を見ながら時間の調節をしてください)

材料:最強力粉(スーパーマナスル)86㌘、準強力粉(パリジェンヌ)86㌘、タピオカ粉28㌘、インスタントドライイースト2㌘、塩4㌘、砂糖12㌘、ショートニング10㌘、スキムミルク11㌘、しょうゆ4㌘、黒ごま10㌘(お好みで!)、水140㌘(実は、水は100㌘からスタートして、生地の具合を見ながら調節しました。たぶん、130㌘~145㌘ぐらい入っていると思います)
 
こね上げ温度:28度(ぐらい)        
 ↓
一次発酵:80分(パンチ)→25分 ・・・ 合計105分
 ↓
6個に分割
 ↓
ベンチタイム:20分(ぐらい)
 ↓
形成:くるくるっと丸めて、底はきちんと閉じる。                      
 ↓
二次発酵:45分(ぐらい)
 ↓
焼成:180℃で14分(ぐらい)

外はパリッと、中はもちっとしていて、さらに半分に割った瞬間にゴマの香りがぷぅぅ~~~ん。このパン、実は焼き立てよりも少し冷めてからのほうが味がなじんで美味しいように思えました。
トーストしたら(=山食)、どうなるかな?チーズを混ぜてみたらどうなるかな?
アレンジの欲望はまだまだ広がります。グフフ。
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2005-11-29 15:20 | 手作りパンの香り
<< 食いしん坊の会@11月 初めてのお届け。 >>