韓国ウマイもの 前編
修業の旅から戻ってまいりました。楽しみは食のみ。予想を裏切ることなく体重増ですが何か?こんにちは、まだまだ育ち盛りの たいたいです。
c0000873_22101362.jpg
韓国といえば焼肉。焼肉といえば骨付きカルビ!ですが、私は個人的に韓国といえば豚。豚といえばサムギョプサル(豚バラの焼肉)だと思っています。
豚バラの焼肉なら日本でもできるのでは?と、思うかもしれませんが、いえいえ、日本の豚と韓国の豚は全然味が違うのです。そんなわけで、韓国に戻ったときは必ずサムギョプサルを食べに行きます。
c0000873_22103612.jpgご存知の通り、韓国ではお肉のほかにおかずがたくさん出てきます。
このお店は地下鉄3号線景福宮駅の近くにあり、私がこれまでソウルで食べたサムギョプサルの中で一番美味しいと思います。
日本語は通じませんが、食べ物屋さんは何とかなるものです。ソウルに行った際はぜひ!

제주한우촌(チェジュハヌチョン) 
TEL:02-737-5338 (日本語不可)
地下鉄3号線景福宮(327)1番出口から直進。
陸橋を過ぎ、すぐ右折。突き当たり右手。



こんなものも食べました。
まずは到着した日にテジマクチャン(豚の腸・写真左下)。内臓類が大好きな私。嫌なことがあっても、これで機嫌がよくなるのです。サムジャンという焼肉用のお味噌か、塩とごま油でいただきます。
続いてスンデクッパップ(韓国風春雨の腸詰と臓物の雑炊・写真中下)。見るからにグロいのですが、これ、非常に美味しい。内臓好きにはたまらない逸品。
ちなみに、スンデというのが韓国風腸詰のこと。これ、どうも日本人は苦手な人が多いようですが(かく言う私も最初は苦手でした)、ある日突然好きになって以来、必ず食べるものリストに入っています。
c0000873_22113876.jpgc0000873_22115126.jpgc0000873_221239.jpg
韓国といえば、赤い食べ物のイメージがあると思うのですが、全部が全部赤いわけではありません。とは言っても、赤いものも多いわけで・・・・写真右上はピョダギヘジャンクック。日本でも最近、韓国料理屋でよく目にするようになったカムジャタン(豚の背肉の鍋)のひとり分用のようなもの。
食べ過ぎて、ちょっとカムジャタン(=お鍋)はきついかなぁと言うときには、このピョダギヘジャンクックが最適。カムジャタンのスープを使ったチャーハンも美味しいんですけど、今回は入りそうになかったので、ヘジャンクックにしました。

まだまだ食べましたが、続きは次回に。
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2006-03-22 22:05 | 韓国B級グルメ
<< 食いしん坊の会@3月 キルフェボン青山 >>