ミニシフォン
c0000873_10562935.jpg切望していた舞台を見ることができました。それも、初日初回公演。
これで、今年の運は全て使い果たしたものと思われます。
こんにちは。幼い頃から、すこぶる悪運の強い たいたいです。

久しぶりに戸棚の整理をしていたら、紙のシフォン型(14㎝)が出てきました。たしか、冷蔵庫に納豆の残りの卵白があったような・・・。←家庭臭プンプン
こりゃ、今日のデザートはシフォンケーキに決まりだな、ってことで、早速、我がバイブルたかこ本をパラパラ・・・・。あ、あれれ・・・・?
レシピは出てるけど、どれも大きな型ばかりだ!←当たり前
致し方ないので、材料だけ参考にさせてもらい、適当に分量を考えてみる。ま、何とかなるでしょ。←大雑把大王
シフォンケーキの醍醐味はレシピによって、フワフワ度が変わったり、何よりもいろんなフレイバーが楽しめると言うことに尽きると思います。c0000873_1195380.jpg
今回は、オットの好きなチョコシフォンにしてみました。←実は単にバレンタインの時のチョコレートが残っていただけ。
・・・これが、そもそもの失敗の原因でした。
チョコが入ると、どうしても重い感じになると思うのですが、シフォンケーキはフワフワが売りなわけで・・・。撃沈。
しかも、早くチョコを消費させてしまいたかったので、大量投入!ええ、バカバカちゃんですよ。
そして出来上がったのが、チョコの風味たっぷりの、いや、まるでチョコを食べているかのような、もっさりとした円形のパウンドケーキシフォンケーキ。
もちろん、半分以上はオットが処理しました。           <シフォンケーキ冷まし中 ↑>
でも、シフォンケーキはこれまで作ったスイーツの中で一番、作り甲斐があるような気がします。型があと2つ残っているというのもありますが、はまりそうな予感・・・・。グフッ
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2006-04-04 11:20 | おうちDEスイーツ
<< 実験その9 オーストラリアの粉 実験その8 ドイツの粉  >>