箱根 後編
こんにちむ。黄金週の遅れを取り戻すべくサクサク更新(予定)のたいたいです。
c0000873_1581032.jpg
予定していた箱根観光を終え、いよいよ本日のお宿にチェックイン。
黄金週をあと2日に控え急遽決めたお宿はフォンテーヌブロー仙石亭。黄金週のわずか一週間前にオープンしたばかりのオーベルジュです。
こちらのシェフは元帝国ホテルのシェフだそうで、お料理は期待度満点♡
急遽決めたということもあって、いいなと思う所はいっぱい。偶然にもこちらのお宿が目に留まったわけです。肝心の温泉のほうも、源泉かけ流し100%天然温泉をうたっているようだし、行ってみますかってな感じで予約。
と、前置きが長いですね、お料理、お料理・・・。



ちょっと「?」だったのは、ここ温泉なのに「ダイニングでの浴衣はご遠慮ください」なんですよ。
分かりますよ。フレンチだし。だけど、今のところ、お食事のみのお客さんは入れていないみたいだし、浴衣でもいいんじゃぁ・・・・・。ぶぅ。←食事が終わるまで温泉我慢した人。
気を取り直して、さっそくアミューズから。c0000873_15235593.jpg
コンソメのジュレ キャビアとゆり根のサフラン風味(写真左)。

うまい。とにかく美味しい!

どんな風に美味しいのかとか、そういう説明ができません。ただ、ただ美味しい。
早く次、持ってきてくれないかなー。
どきどき、わくわくって感じですかね。c0000873_15301349.jpgc0000873_1795240.jpg続いて前菜の海・山・川(イクラ・フォアグラ・からすみ)盛り合わせ(写真左)。パンケーキ、きゅうりの上にそれぞれの幸が乗っけてあります。ちなみに後ろに見えるお野菜のソースはイチゴ。どれをとっても抜群に美味しかった。
ここで美味しさは確信。斎藤シェフに脱帽。
続いてスープトリュフのスープ(写真右上)。
これまでの人生で口にしたトリュフはソースに使われているものばかりで、決して主役ではありませんでした。なので、三大食材なる所以が全く分からなかった私。
でも、ここにきて、本当にトリュフって美味しい!食感が病みつきになるなぁと思いました。
c0000873_17171818.jpg続いてお魚料理の甘鯛とホタテのポワレ さくら風味のブールブラン(写真右)。甘鯛の上に乗ったピンク色のものは桜の花の天ぷら。つぼみを油に入れるとふわっと花が咲くんだそうです。ソースからもほんのり桜の香りと思ったら、桜の葉っぱを使ったソースなんだとか。日本の春を感じずにはいられません。
お口直しは桃の冷製スープ(写真右下)。c0000873_17222785.jpg
これがデザートでも文句言いませんっ!てぐらい美味しいスープでした。見事なぐらい、さっぱりお口直し。
お料理もいよいよ終盤に差し掛かってます。
お肉料理は和牛ヒレ肉のポワレ トリュフとフォアグラのソースペリュグーダン(写真下)。おなかいっぱいだったのに、ぺろりと食べられたお肉。ソースも美味でした。
c0000873_1730229.jpgいよいよデザート。三種のデザート(ティラミス、ガトーフロマージュ、オペラ/ミュール、ブルーベリー、フランボワ/カシスソース、しょうがソース、フランボワソース)(写真なし)。初めてです。食べることに夢中になって写真を撮り忘れるなんて!でも、それぐらい美味しかったんです。本当に。私の中での美味しいお店ベスト5に入ります。

実は、こちら、お献立表がなかったので(そして、運ばれてきたお料理の説明をあまり聞いていなかったので)、食べるたびに「これは何かな?何かな?」と(笑)。
そのたびに、説明に来てくれるのですが、ちょっとしたクイズのようで楽しかったです。とにもかくにも非常に満足。お料理には何の不満もありませんでした。
お部屋に露天風呂さえあれば、また行きたいお宿なんですけどね。
でも、お食事はまた是非!と思っています(そのうち、ランチも始める予定らしいです)。

フォンテーヌブロー仙石亭
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1245-703 
(TEL:0460-4-0501/予約:055-973-9000)
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2006-04-30 19:05 | 美味しいもの探索
<< 箱根 おまけ編 箱根 前編 >>