白神こだま
c0000873_12271344.jpgブログでもようやくGWが明けました!こんにちは。腰痛も戻ってきたことだし(涙)、そろそろ本来ペースの更新に戻ろうと思っている たいたいです。
・・・・腰痛の戻りと更新スピードの戻りをかけてみたわけですが、いかがでしょうか(コメント不要!)。

黄金週が明けてすぐに白神こだま酵母でパンを焼いてみました。
実は、休み前にも一度焼いていたのですが、あまりの失敗にパニックに陥ってしまい、写真を撮ることすら忘れてしまいました。
何が失敗ってね、パンなのに味噌臭いんですよ。プゥ~~ン(撃沈)。
もしかしたら、天然酵母ってのはこんな異臭(?)がするものなのか?と思ったりもしたんですが、明らかに失敗パンなわで、もしかしたら成功すれば、この異臭はなくなるのでは?と。
今日のパンは大成功でした。何も言わずにオットに出してみたところ、味音痴なオットでも「これ、イーストの匂いがしないね。やわらかくて美味しい!」と。えがった、えがった。
c0000873_132427.jpgちなみに、今回はフランスFrancine社の粉を使ったんですが、粉の香りがすごくいいんですっ!昨年の秋にパリに行ったときに買ってきたものなんですが(って、どんだけ前の粉やねん!っちゅー話)、ものすごく薫り高い粉だなぁ・・・と感動。
本来はカンパーニュ用の粉なんですけど、強引にチーズパンと丸パンを作ってみました。

天然酵母のほうが、イーストよりフワフワ度も持続するような気がします(気のせい?)。
しばらく、天然酵母(楽チンな白神こだまのドライのほうだけど)パンにはまりそうな予感。




レシピ:8個分(パンは生きています。生地の具合を見ながら時間の調節をしてください)

材料:強力粉(ライラック)80㌘、準強力粉(pain de campagne・写真下)200㌘、白神こだま酵母(ドライ)7.5㌘、塩5㌘、砂糖22.5㌘、バター10㌘、水157㌘+酵母溶解水(35度)30㌘c0000873_12582459.jpg
チェダーチーズ、モッツァレラチーズ各お好みで(今回はチーズを入れたパンを作ってみました)

下準備:
30㌘の温水(35度)を器に入れ、白神こだま酵母をふるい入れ、5分ほど静かに置いておく。
 ↓
その後、さらさらになるまでよく溶かしておく。

※この下準備が非常に大切!前回の失敗原因はここだったと思われます。

工程:
こね上げ温度:30度(ぐらい)   ※イーストを使ったパンより高めです               ↓
一次発酵(前半):50分(ぐらい) 30分たったら、一度パンチを入れて再び20分発酵
(終了後、8分割し丸める)
 ↓
ベンチタイム:15分(ぐらい)
 ↓
形成:①バゲット型:
     ガスを抜き、小さく切ったチェダーチーズ、モッツアレラチーズを広げ、手前から
     クルクルっと生地をはらせながら巻いていく
    ②丸パン:
      ガスを抜き、三つ折の後、向きをかえて三つ折。綴じ目を丸める
 ↓
二次発酵:35分(ぐらい) 終了後、バゲット型にはクープ、丸パン型には十字を入れる
 ↓                   
焼成:スチーム使用210℃で13分

※ 今回の準強力粉がフランス産だったため、水分を多少少なくしました。国産小麦粉の場合はもう少し多め、アメリカ産はさらに少し多くてもいいかもしれません(予想)。
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2006-05-08 12:30 | 手作りパンの香り
<< パン教室@5月 いろんな意味で我に活。 >>