白神こだま食パン DE サンド!
c0000873_13393843.jpg久しぶりにブルー系のお花を飾ってみました。爽やかです。
・・・・投げ入れですけど、何か? 
こんにちは。久しぶりに冒頭のご挨拶、ボケなしのたいたいです。

前回、白神こだまで焼いてから、早一ヶ月。その間に賞味期限が切れて(←得意技)1年になるドライイーストを使って焼いたりしていたのですが、賞味期限が切れているせいか、今ひとつの出来でした。
白神こだま、いいわーーーー。
大絶賛。これから、こだまさん一筋になろうかなぁ。
さて、今回はなぜ故に山食かといいますと、巷ではきゅうりだけのサンドイッチ♪が大流行とかなんとか。
そう言えば、特売で買ったきゅうり(←主婦の哀愁をバンバン漂わせてます)が4本も冷蔵庫に鎮座してるんだっけ。
ってなわけで、脳から作れの指令が発せられたわけです。
朝ごはん用にと、昨日の夜せっせとサンド、サンドしておいたのに、朝寝坊してしまった。
あああああぁぁぁぁぁぁ・・・・・。
そして、お昼。オットの分も私のお腹の中に。こんなはずじゃなかった。




c0000873_1451040.jpgレシピ:1斤(200×100×96㎜)分(パンは生きています。生地の延び具合を見ながら時間の調節をしてください。)

材料:最強力粉(スーパーマナスル)180㌘、準強力粉(写真左)170㌘、白神こだま酵母(ドライ)9.4㌘、塩6.3㌘、砂糖28.1㌘、バター12.5㌘、水206.3㌘+酵母溶解水(35度)37.5㌘


下準備:37.5㌘の温水(35度)を器に入れ、白神こだま酵母をふるい入れ、5分ほど静かに置いておく。5分後、さらさらになるまでよく溶かす。

c0000873_14175548.jpg 工程:
こね上げ温度:約30度                          ↓
一次発酵:前半約35分+パンチ+後半約35分
(終了後、2分割し丸める)
 ↓
ベンチタイム:約20分
 ↓
形成:ガスを抜き、三折した生地を縦にくるくるっと丸め、型の両端に寄せて入れる
 ↓
二次発酵:約50分              
 ↓                                     <本日の断面>
(焼く直前に刷毛で生地にお湯をぬる。)
焼成:210℃で20分(天板ごと予熱をかけます)、190℃で15分(ぐらい)

生地をこねている時、発酵終了時までは水分が多すぎた。大失敗!と思っていたのですが、ベンチタイムが終わったあたりから、いい具合になってきました。
でも、非常に捏ねにくかったので、もう少し水分を少なめにしてもいいかもしれません。

※ フランスで買った粉ですが、もしかしたらオランダ産かもしれません。パッケージのどこにも会社名が書かれておらず、唯一、これか・・・?と思われるのは、黄色いニコちゃん印の隣の€(ユーロマーク)。写真の上のほうです。どこの国のなんと言うメーカーのものかご存知の方いらっしゃったら教えてくださいませ。
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2006-06-09 14:32 | 手作りパンの香り
<< ベトナム料理教室 ガレット >>