蓼科・軽井沢 その1
c0000873_13463396.jpg・・・こりん♪こりん♪
ここ最近、何故かゆうこりんの声が頭から離れません。
ご無沙汰しております。
たいこりんです。←?

行ってまいりました。蓼科・軽井沢。
熊でも出ればいいのにとか、軽井沢と蓼科限定で、局地的に真冬の寒さになればいいのにとか、大雨・台風・波浪警報、ついでに停電になればいいのに等の心温まるお言葉をいただきましたが、すこぶるいいお天気で楽しゅうございました。これもひとえに日頃の行いかと。グフフ。

c0000873_1356216.jpgお昼過ぎに軽井沢に到着。鎌倉の美味しいお店の本店が軽井沢にあると知り、絶対に行きたいと思っていました。
ナビを頼りに向かうも全くお店が現れません。致し方なく、お店に電話すると、「ナビだと、中軽井沢のほうに行っちゃうんですよ。塩沢の交差点を左に曲がって2軒目ですから、ナビを無視していらしてください。」
・・・・何のためのナビですかと。
と、そんな軽いサプライズを受けたりもしましたが、オフシーズンだからか、観光地から外れているからか、予約なしでもすんなり入れました。
写真左上は前菜前のアミューズ。シュー生地の中にチーズが入っています。ウマウマ。
前菜以降も期待できそうな予感です。



c0000873_14113117.jpgヲットとは全て別のものをチョイスしました。
もちろん、全て私が食べたいもので、より美味しいほうをワタクシがいただくということで。グフフ。
前菜は真鯛のカルパッチョ(写真左)。
海のない所なのに、とてもぷりぷりした真鯛。非常に美味しいカルパッチョでした。

前菜の次はスープ。マッシュルームのスープ カプチーノ仕立て(写真左下)。
カプチーノ仕立てというのはよくあるけれど、色もちょうどカプチーノのような色合いで、なかなか面白いスープだなと思いました。
マッシュルームの香りが非常に高くて、二人とも無言になりました。最後の一滴まで、パンにつけていただいたワタクシ。ちなみに、こちらのパンは浅野屋さんのものだそうです。
一口食べた瞬間にヲットが「このパン、美味しい!外側がすごくパサパサしてる!」と。
いやいや、それを言うならパリパリでしょう。ヲット、まだまだですな。
c0000873_14225548.jpgc0000873_14224384.jpgメインは信州ハーブ鶏のフォアグラ詰ロースト(写真右)。
世の中でフォアグラが一番美味しいと信じて疑わないワタクシ。
いつもなら、間違いなくメインはお魚をチョイスなのですが、この日は迷うことなくお肉でした。嗚呼、至福のとき♡

さて、難関のデザート(写真下)です。
この難関をクリアできたお店が過去に何軒あったでしょうか?←単に甘い物嫌い
プレートの上は、マンゴーのムースパッションフルーツとヨーグルトのソルベ季節のフルーツキャラメルケーキ(のような、ムースのような・・・)。
ワタクシ、マンゴーがあまり好きではありません。ついでに言うと、柑橘系、ベリー等のすっぱいものも苦手です。言うまでもなく、甘いものも苦手でして・・・。
c0000873_14282461.jpg結果から申し上げますと、ヨーグルトのソルベ、季節のフルーツは美味しゅういただきました。
やはり、デザートへの道は厳しいようでございます。

このお店、鎌倉と同じく決してお安くはありません。でも、納得のいくお料理。満足できるお店だと思います。軽井沢に行くことがあったら、また行きたいなと思わせてくれるお店です。

レストラン プランデルブ軽井沢
長野県北佐久郡軽井沢町塩沢754-4 
(TEL:0267-46-5755)
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2006-09-24 13:45 | 美味しいもの探索
<< 蓼科・軽井沢 その2 鎌倉イロイロ >>