伊豆うまか旅 その2 (3/20)
桜は日本人の心。すなわち、お花見とは日本人の心を最も強く感じるための儀式でもあるわけです。こんにちは。旨い物食いたさに日本人の心を強く感じようと、お花見に出かけ、風邪をぶり返すハメになった たいたいです。
c0000873_148279.jpg
もうなんだか伊豆に行ったのが遠い昔のことのように思われるわけですが、そんなことは気にせず記録、記録・・・・っと。 ・・・・・何か?
明けて翌20日。朝からいきなりリゾットが出たのには驚きました。しかも結構な量。目も覚めますわ。ほんとに。オムレツもふわふわとろとろで美味しかったです。でも、お腹は朝からたぷん、たぷん。
お昼過ぎに伊豆高原を出発。向かうは伊豆半島の西にある堂ヶ島。
途中ちょこちょこ寄り道をしながらドライブ、ドライブゥ~。車は楽チンでいいねぇ。



この日のお昼は朝からめーいっぱい食べたせいか、ちっともお腹がすかず。
なぜか、途中で見つけたパキスタン料理のお店へ。メイプルと桜のアイスが美味しかったことを記しておきます(写真右下)。
c0000873_14181443.jpg伊豆高原から海岸線を下田方面に下って行きました。見渡す限り海、海、海。この日はお天気がよかったので、本当に気持ちよかったです。思わず、車の中からパチリと一枚。
湘南にお住まいの皆さん(←他人事)には海岸線なんてちっとも珍しくないんでしょうが、湘南の海とはまた違ったのんびりした風景でした。
ほどなくして、内陸の道を走り始めたのですが、ふと気がつくと川沿いにものすごい数の桜並木!
(後日調べたら、松崎の那賀川らしく、桜では有名なようです)
・・・・早すぎて、全く咲いてませんでしたがね。
                        _| ̄|◯
ところが、その全く咲いていない桜の木の下にヲットが車をとめました。
「わーーーーーー!」と感動するヲットの目の前には黄色とオレンジのディモルフォセカやネモフィラ等々が一面に広がっていました。c0000873_14432823.jpgc0000873_1443432.jpg畑まで降りていくと、なんと!足湯があるではありませんか。
温泉好きのヲット、しばし休憩。ワタクシはというと、どこまで行くねーーーーーーん!というぐらい遠くまで花の写真を撮りに。
ここ、5月頭の5日間は無料で花狩ができるのです(と、看板に書いてありました)。
・・・・って、ここでも時期がずれてるやないの。 _| ̄|◯
とりあえず、自然を満喫して本日のお宿までもうひとドライブゥ~。    (しつこく)つづく
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2007-04-02 14:13 | とっておきの風景
<< 食いしん坊の会@4月 伊豆うまか旅 その1 (3/19) >>