パンスペ@2月
この時期、布団を干したり、洗濯物を干したり、掃除をしたり、食器を洗ったり(←花粉と関係ありませんよ?)するのは自殺行為です。
こんにちは。花粉症なのをいいことに毎日何もせずにゴロゴロしている たいたいです。

先週の金曜日、重装備でパン教室に行ってきました。
今回のお題はパン・オ・ショコラ(写真左)とパン・ペイザン(写真左にマウスオ~~~~~~~~~ン!)。パン・オ・ショコラはパン屋さんでもよく見かけるデニッシュの中にチョコが入ったもの。この日はバター少な目の軽い生地で。パリパリ感が飛ぶかなと思いきや、ちっともそんなことはなく、むしろデニッシュよりもいい感じですよ?と。
パン・ペイザンはライ麦の入った素朴なお食事パン。これで、パニーニとか作っても美味しそうだなぁなどと思いながら試食。
c0000873_11523072.jpgc0000873_11524250.jpgお楽しみのサイドメニューは白菜とリンゴのサラダ(写真左)とカスレー風煮込み鍋(写真右)。
サラダのほうは、白菜をサラダにするという発想が生まれてこの方なかったので、驚きました。でも、ほんとにウマウマで、リンゴとの相性もぴったり。おかず類にリンゴが入っているのはあまり好きではないのですが、これは定番メニューに加えようと思いました。
カスレー風煮込み鍋は煮込んだ後、一度オーブンに入れます。写真はもうお皿にうつした状態ですが、この手間があるとないとでは大違いだろうなというのが、出来上がり後見て取れました。いろんな旨味の詰まったウマウマなメニュー。
c0000873_11591384.jpgこの日は、これに加えてこのお方が、馴染みの和菓子屋さん(馴染みの和菓子屋さんがあるところがイキだね。さすが鎌倉人)からお取り寄せの和菓子を持ってきてくれました。
和菓子が苦手なワタクシもあまりの美しさにウットリ。思わず写真をパチリ。
写真では美しさの半分も表現しきれてないのが残念です。和菓子職人さんて本当にすごい。
こんなに繊細なものを作る人の手って、どうなってるのかなぁとしみじみ思った日でした。
そして、自分の手を見て改めて・・・・・   _| ̄|◯
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2008-02-25 11:38 | 手作りパンの香り
<< 食いしん坊の会@2月 JAMMIN' >>