ゴマ食
c0000873_10384949.jpg以前、配達してもらったリンドウから虫がにょきにょきしたことがありました。嫌いなのです。毛虫や青虫系の虫が何より嫌いなのです。
そして、今朝、比較的好きなお花トルコキキョウから2匹ほど虫が現れました。
おはようございます。朝から狂ったように殺虫剤をまき散らし、ちょっと気持ち悪くなっている たいたいです。←やりすぎ
しかし、なんとかなりませんかね。虫ども。虫けらども。

ちょっと前の話ですが、からハワイのお土産をもらいました。ハワイらしく(?)パイナップル、パイナップル&パパイア、グァバのジャム。
どうしても焼きたてのパンにつけて食べたいと思い、シンプルな山食を。
ふと気がつくと、賞味期限の切れた黒ゴマが中途半端に残っていたので、こちらも途中で投入。
窯のびは今一つでしたが、焼き上がった時はパチパチと天使のささやきも聞こえ(何年ぶりだろう・・・・涙)、そこそこのパンが焼けました。
早速、カット。アツアツのパンにたっぷりのジャムをぬっていただきました。
(ちなみに、いつもはジャムとクリームチーズは必ずセット。この日はジャムのみでしたけど、この組み合わせ、最強だと思いません?)
一口、パクりんこ。

         うひょ~~~~~~~~~~~~~~~~!!

うまいねぇ。贅沢だねぇ(←激小市民の贅沢感)。
友よ、次はいつハワイに行くのかね。  ̄ー ̄ ニヤリ




レシピ(1斤分)

材料:
最強力粉(スーパーマナスル) 245㌘ (70%)
準強力粉(パリジェンヌ)105㌘ (30%)
グラニュー糖 8.8㌘ (2.5%)
塩 7㌘ (2%)
スキムミルク 10.5㌘(3%)
バター 8.8㌘ (2.5%)
水 259㌘ (74%) → 酵母溶解水 35㌘ (酵母×3)を含む
白神こだま酵母(ドライ) 7㌘ (2%)
黒ゴマ適量

下準備:
35㌘の温水(35度)を器に入れ、白神こだま酵母をふるい入れ、5分ほど静かに置いておく。5分後、さらさらになるまでよく溶かす。

工程:
こね上げ温度:約27度                   
一次発酵:70分(35分+35分:35分でパンチを入れる) 
ベンチタイム:約17分
形成: 
二次発酵:約45分
焼成:210℃で20分→190℃で10分(オーブンに入れる前に霧吹き)

<覚え書>
・とにかく捏ねる。水分が多いので、ベトベトだけれど、耐えて捏ねればいい感じに。捏ねて叩くべし
・二次発酵は焦らず型の上まで生地が膨らむのを待つべし。いらちに得なし。
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2008-09-26 10:54 | 手作りパンの香り
<< パクってバウる。 和菓子の神様 >>