2005年 07月 21日 ( 1 )
by たいたい
実験その7 バタール
実験5の白パンを作ったときの粉が気になっていました。強力粉に近い中力粉、それはもしかして準強力粉、いわゆるフランスパン粉というやつではないかしら?と。
そんなわけで、今日は実験5で使った한국생협(韓国生協)・밀가루(ミルカル)を使ってフランスパンを作ってみることにしました。
c0000873_18143012.jpg
今日のレシピは、島津先生の『こねて たたいて 焼きたてパン』からいただきました。
ところが・・・・今日は計量ミス。なんと、水分を10%も多く入れてしまいました。
しかも、それに気がついたのは、パンチ終了後、そろそろ一次発酵も終わろうかという時でした。焦りました。
そこで、ベンチタイム以降の作業は打ち粉をこれでもか!と言うぐらい使いまくりました。
本当はめんたいこフレンチを作ろうと思ったのですが、明らかに失敗のパンにもったいなくて使えません。←ケチ。
なので、1本はめんたいこフレンチに、もう1本は普通のバタールにしました。
これだけ、柔らかくてはクープもなにもあったものではありません。さらに、300度の予熱をかけるのに思った以上に時間がかかってしまい、発酵オーバー。
・・・・もう、どうにでもしてください。今日は間違いなく失敗の神様が舞い降りています。
ところが。
焼きあがってみると、イッツァ ミラコォー!
ミラクルです。悔し紛れの打ち粉がよかったのでしょうか、そこそこの焼き上がりで、出来上がりました。いい音ではありませんが、天使のささやきも(僅かでしたが)聞こえました。
塩味もちょうどよく、家で食べるには十分です。
いや、もちろん、いつかリベンジはしますよ。このままでは終わらせませんから。メラメラ。

・・・そんなわけなので、今日の主役はヒマワリです!
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2005-07-21 18:33 | 手作りパンの香り