<   2004年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
by たいたい
ブーケのイメージ
c0000873_1533921.jpgブーケと一口に言っても、花の色や種類はもちろんのこと、形も様々です。丸いブーケ、涙型のブーケ、ハート型、ボール型等々、言い出したらきりがありません。
ブーケの製作で一番重視されるのは、言うまでもなく花嫁さんの希望です。
けれど、花嫁さんも初めてのこと。値段、そしてイメージのみを言い、あとは製作者に任せるというパターンが少なくないようです。
このイメージと言うのが最も難しいと私は思います。
 「かわいい感じのイメージで。」
これは、よくある丸いタイプのブーケなら、大よそ花嫁さんのイメージ通りになると思います。
しかし、「かっこいい感じのイメージで。」と言われるとなかなか難しいものがあります。
本来、花嫁さんと言うのは「かわいい」イメージがあるものです。ですから、「かっこいい」イメージのブーケを作るのは難しいと思うのです。
けれど、「できません」とは言えませんから、ドレスを見、花嫁さんの服装などから好みを察知し、何よりも花嫁さんが持って似合うかどうかをイメージしながら作成するのです。

写真のブーケは黄色系の花でまとめたナチュラルキャスケードです。
小脇に抱え、縦長に持てば、シャープな感じが出て、「かっこいい」感じになるのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

花材:シンビジウム、デルフィニウム、バラ(マカレナ、フレア)、サンダーソニア、オンシジウム、ベアグラス、スマイラックス
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2004-11-30 15:52 | お花のある暮らし
また行きたい店
食事に行って、「また行きたいな」と思わせる要因はなんでしょうか。
雰囲気、サービス、値段。人それぞれで違うとは思いますが、味については誰もが疑うことのない要因ではないでしょうか。
c0000873_11235816.jpg


More・・・
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2004-11-28 11:22 | 美味しいもの探索
おみやげ
ここのところ、六本木ヒルズに行く機会が増えました。
昨日は名古屋から遊びに来たお友達とヒルズで会いました。
こちらは、そのお友達にいただいたカエルサブレ。
c0000873_11101388.jpg
サブレもいろいろあるけれど、よく耳にするのはヒヨコサブレや土地柄ハトサブレなど。
c0000873_1195662.jpg
カエルサブレなんてあるんですね。
お味のほうも甘さ控えめの私好みでした。

青柳総本家
名古屋市守山区瀬古1丁目803(TEL 052-793-0136)
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2004-11-27 10:58 | 美味しいもの探索
ブートニア(ブトニア)
c0000873_2371255.jpg結婚式というと、みんな花嫁さんに注目しがちですが、一生に一度のイベントと言う点では花婿さんも同じこと。
花嫁さんと言えば、ドレスもさることながら、ブーケの存在を忘れてはいけません。
では、花婿さんは・・・・?

More・・・
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2004-11-25 09:29 | お花のある暮らし
異色の組み合わせ
c0000873_2324213.jpgお昼に近くのアフタヌーンティーへ行きました。
ここは、ベーカリー&レストランで、カフェ以外のちょっとしたお食事も楽しめます。
私がオーダーしたものは、小エビとアスパラのトマトソースパスタ。
美味しかったのですが、特に当たり障りもないというか・・・普通でした。

More・・・
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2004-11-23 19:55 | 美味しいもの探索
雨の日には
今日は朝から雨。雨の日は憂鬱な気分になります。

c0000873_22585867.jpgこんな日はパンを焼きましょう。
と言っても、我が家で焼いたパンではありません。
鵠沼海岸のパン教室で焼いたもの。

焼きたてのパンの香りは雨の憂鬱さを吹き飛ばしてくれます。

c0000873_2301726.jpg









写真左上はコーンパン。
右下はウォールナッツメープルブレッド。

※ パン教室でのレシピは公開していません
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2004-11-19 18:23 | 手作りパンの香り
やればやるほど
c0000873_2251453.jpgブーケの勉強はやればやるほど凹みます。
もちろん、これまでに数々の作品を作ってきて、自信のある方はそんなことはないのでしょうが、私のように実際使われるブーケ、花嫁さんに渡すためのブーケを作成したことのない者は、勉強不足を嫌というほど思い知らされます。

今日は実習ではなく、理論的なお勉強。
プロのフリーデザイナーとしてやっていくにあたり、必要となってくる原価計算のお話。
私はこれまで、お花とは全く無縁の世界で生きてきたのだけれど、ある種の技能職ではありました。
だから、自分がその作品に費やした思いというのはペイされるべきだと思っています。
これは、お金儲けとか、そいういうレベルではなく、自分の作品が一番目に見えて評価される手段のひとつだと思うからです。
早く、自分の作品が、人生で一番輝いている日に喜んで使っていただけるようになればいいなと思います。

※写真は9月末に作成した「ユリのシャワーブーケ」です。

花材:ユリ(シベリア)、トルコキキョウ、デンファレ、スプレーバラ(プリンセス)、アスパラペラ、ベアグラス、イタリアンスルカス
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2004-11-17 23:01 | お花のある暮らし
同じ花でも
実は、この秋パリに行くまでに紆余曲折がありました。
そもそも、旅行を計画し始めたのは去年の暮れでした。
一番に思いついたのはパリ。
でも、冬のパリ、どれくらい寒いのだろうと思うと、寒がりの私断腸の思いであきらめました。
そこで、浮上したのが、フランス領のニューカレドニアです。
一旦、パリは諦め、ニューカレドニアへと旅立ったのは今年の1月のことでした。

More・・・
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2004-11-11 14:46 | お花のある暮らし
パリの街角
先月、パリへ行きました。
インテリアとアレンジメントのお勉強を兼ねて。
お勉強と言っても、プロではないので、これは使える!とか、参考にしようという程度のものなんですが。

c0000873_2256135.jpgお花とインテリアは密接な関係があると思います。
どんなに高級な家具で固められた部屋でも、緑が全くない空間というのは何かが足りない気がします。
グラスに小さな花を飾るだけで、お料理が美味しそうに見えたり、心が和むような気がするのは、きっと私だけではないと思います。

フラワーアレンジメントを初めて1年余りが過ぎました。
なかなか自分の作品を省みる機会がないので、このブログでは作品やお花に対する思い等を綴って行きたいと思っています。
もちろん、大好きなパンや美味しいもの、お気に入りの雑貨なども織り交ぜつつ。

 ※写真はパリのカフェ。
パリの街並みはどこを撮っても絵葉書のよう。
今度パリに行けるのはいつだろう・・・? 
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2004-11-03 17:34 | とっておきの風景