<   2005年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
by たいたい
ダブルコーヒーパン
ワタクシ、九州のめちゃめちゃ田舎で生まれ育ちました。
映画館もなけりゃ、電車の駅もない。バスは1時間に1本です(かな?乗ったことないから詳しくは不明)。裏庭でタヌキが悪さを!なんてことは日常茶飯事だし、山のほうに住んでいる友は野生の鹿を見たと実しやかに申しておりました(いや、本当だと思う)。
ね、どんだけ田舎やねん!って言うぐらい田舎でしょう。
・・・・って、今日の記事は田舎度自慢じゃないんですよ。本題に戻りましょう(汗)。
そんな田舎にもあるんです。街のパン屋さんが。
c0000873_15412517.jpg
今でこそ、大きなスーパーやパン屋さんができてしまいましたが(って、嫌なんかい!)、私が住んでいる頃はパン屋さんと言えば、そこだけに等しかったのです。
幼い頃は、今以上に甘いものが苦手だった私。いつも食べていたのが、焼きそばパンやたまごサンド、ハンバーグパンと育ち盛りの男の子のようなものばかりだったのは、兄の影響でしょうか。そんな私が唯一、好んで食べていた甘いパンはコーヒーパン。
かぶりつくと、お餅のようにかたまってしまう出来の悪い生地に、明らかに砂糖をケチったコーヒークリームが、これまた、どんだけせこいねん!と言うぐらい薄ぅ~~~~~~~~~~~くサンドされているのです。
今思えば、よく商品として売っていましたNE☆ と、その勇気を褒めたくなるようなパンなのですが、どうしてこれが時々食べたくなるのです。
長くなりましたが、今日がその「時々」だったようで・・・。暑い中、焼いてみました。
ものすごく簡単そうなパンなのに、焼いてみたら全く違うものが出来上がりました。
クリームは後からサンドするんじゃないのかな。パンはもっとつぶれてたな・・・等々。
皆さんの思い出のパンはどんなパンでしょうか。

生地はオススメ!
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2005-07-27 16:18 | 手作りパンの香り
ブルーベリージャム
先日、コストコに行きました。ジャム用にと大量のブルーベリーを買ったのですが、よくよく考えてみたら、せっかくのフレッシュベリー。ジャムには、ちともったいない。←ケチ。
c0000873_14134244.jpg食べ切れなかったらジャムにしようと思っていました。
ところが、いつもの癖でついつい冷蔵庫の奥へ追いやってしまい…。気がつけば、逝ってしまいそうな形相のブルベリーが私を睨みつけておりました。あなたは、もともと、そういう運命だったのよ。うん、私のせいじゃない。と、かわいそうなブルーベリーを慰めつつ、ジャムを作ることにしました。
たしか、先日、オットが料理用にとキルシュを買っていたはず。ちょいと拝借して、ブルーベリーとキルシュのジャムを作ろう!!
作ろう!
作ろう。
・・・・作ろう。
・・・・・・・・・・ろう。
c0000873_14245750.jpg…ん?キルシュがないんでつけどぉ。キョロキョロ
まさか、会社に電話して「キルシュはどこだ!」なんてわけにもいかないし。むむむ・・・。
致し方ないので、極々フツーのブルーベリージャムを作ることに。がっくり。←やる気が失せた人。
ちなみに、ワタクシ、これまでの人生で、数回ジャムを作ったことがありますが、一回たりとも成功したことがございません(もっとも、分量も適当でしたけど。←こら!)。
洗ったブルーベリーにハチミツ、砂糖、レモン汁を適当に加えて作ってみました。
今回は甘さ控えめのジャムが出来上がりまして、お料理のソースなんかにも使えるのではないかと思っておりますです。はい。
でも、問題は作ることで満足してしまうことです。
さて、このジャム、どれぐらいで完食することができるでしょうか(ちなみに、私は半年と踏んでいます←他人事)。
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2005-07-24 14:42 | キッチンでのお話
実験その7 バタール
実験5の白パンを作ったときの粉が気になっていました。強力粉に近い中力粉、それはもしかして準強力粉、いわゆるフランスパン粉というやつではないかしら?と。
そんなわけで、今日は実験5で使った한국생협(韓国生協)・밀가루(ミルカル)を使ってフランスパンを作ってみることにしました。
c0000873_18143012.jpg
今日のレシピは、島津先生の『こねて たたいて 焼きたてパン』からいただきました。
ところが・・・・今日は計量ミス。なんと、水分を10%も多く入れてしまいました。
しかも、それに気がついたのは、パンチ終了後、そろそろ一次発酵も終わろうかという時でした。焦りました。
そこで、ベンチタイム以降の作業は打ち粉をこれでもか!と言うぐらい使いまくりました。
本当はめんたいこフレンチを作ろうと思ったのですが、明らかに失敗のパンにもったいなくて使えません。←ケチ。
なので、1本はめんたいこフレンチに、もう1本は普通のバタールにしました。
これだけ、柔らかくてはクープもなにもあったものではありません。さらに、300度の予熱をかけるのに思った以上に時間がかかってしまい、発酵オーバー。
・・・・もう、どうにでもしてください。今日は間違いなく失敗の神様が舞い降りています。
ところが。
焼きあがってみると、イッツァ ミラコォー!
ミラクルです。悔し紛れの打ち粉がよかったのでしょうか、そこそこの焼き上がりで、出来上がりました。いい音ではありませんが、天使のささやきも(僅かでしたが)聞こえました。
塩味もちょうどよく、家で食べるには十分です。
いや、もちろん、いつかリベンジはしますよ。このままでは終わらせませんから。メラメラ。

・・・そんなわけなので、今日の主役はヒマワリです!
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2005-07-21 18:33 | 手作りパンの香り
暑いときにはカレー
c0000873_913024.jpg暑いです。
このまま溶けてしまうのではないかと思われるほど、暑いです。
暑いときはやっぱりカレーでしょ。ってなわけで、オットとカレーを食しに行きました。
オットも私もカレー好きなんですが、こなへんではわりと有名なこのカレー屋さんには、まだ行ったことがなく、行ってみようか、と。
ランチなので、1000円~1500円程度でカレーとナン(またはご飯)、焼き物、サラダ、デザート、マサラティーといったセットメニューがいただけます。

ちなみに、私がいただいたのは土日祝限定のランチメニュー(写真左下)。
c0000873_9112561.jpgc0000873_9132885.jpg







プレートの内容は、上からサフランライス、左周りに豆のカレー、バターチキンカレー、サラダ、ナン(100円の追加でガーリックナンにしました)。ナンの下には、上からタンドリーチキン(ほとんど見えないけど)、タンドリーシュリンプが隠れています。
バターチキンカレーが食べたくて、これにしました。美味しかったです。豆のカレーは、ちょっと私の口には合わなかったかな。←豆嫌い。焼き物類も美味しかったです。

オットは3種のカレーが楽しめるセット(写真右上)。上から卵カレー、チキンカレー、野菜カレー、サラダ、プレーンナン。実は、卵カレーというのが気になっていたのです(私が)。
・・・・そのまんまでした。
ちなみに、オットはチキンカレーとバターチキンカレーの違いが分からなかった模様(私もだけど)。c0000873_916219.jpgc0000873_9185027.jpg








セットとは別にシークカバブを頼みました。この手のお店で、タンドリーキチンよりも好きなもの。美味しかったですよ。
これらの他にセットにはデザート(この日はスイカのシャーベットとヨーグルトアイス)とマサラティーがつきます。マサラティーはアイスとホットが選べます。注文時に何も考えず、アイス!と言ったのですが、店内はエアコンもきいていたし、やっぱり、紅茶はホットでしょう・・・・と、アイスマサラティーが来たときに、軽く自分を戒めておきました。

インド人っぽい方(ナンを焼いてる職人さんが無条件にインド人に見えてしまうのは何故?)がナンを焼き、カレーを作っているようでした。
この辺で、このくらいのお味なら、私は悪くないかなと思いました。種類も多いし(デザートナンもありました)、また来てもいいかなと。
でも、オットは「まあまあ・・・かな」と。キビスィ~~~~!

GARA中海岸
茅ヶ崎市中海岸4-14-18 (TEL:0467-87-5050)
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2005-07-19 09:24 | 美味しいもの探索
いちごミルクパン
あれは確か、先月の食いしん坊の会の後でございました・・・。
いつものように、いつものコースを巡り、ロミさんのお店に行ったのでございます。
初めてロミさんのお店に行ったときから、ずっと買いたいと思っていたもの。
それはVache Fraise(いちごみるく)。Vache Fraiseを手に取った私を見て、親切にもトネリコさんは言ってくれました。「たいちゃんには、ミルク系は無理だと思う・・・。」
そうね、あの時、あなたはそう言ったわね・・・・(遠い目)。でも、もっと、声を大にして言ってくれなきゃ!
c0000873_14285271.jpg
・・・前置きが長くなりましたが、そんなわけで、やっぱり冷蔵庫の片隅に追いやられたVache Fraise。意を決して、Vache Fraiseを使ったパンを作ることにしました。
今回は使い慣れた粉を使ったせいか、はたまた涼しい日に作ったせいか、釜伸びもよく、美味しいパンができたと思います。
写真には写っていませんが、このジャム、つぶつぶのイチゴが入っているので、パンの中から所々、イチゴがコンニチハ!でした。これなら、私でも食べられそう。

※決してVache Fraiseが不味いというわけではありません。私、極度の甘い物嫌いなんです。

本日のレシピ
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2005-07-15 16:27 | 手作りパンの香り
食いしん坊の会@7月
今日は月に一度の食いしん坊の会。今回も鎌倉です。
c0000873_22361435.jpg
当初予定していたお店の予約が取れなかったので、このお店にしたのですが、こちらも元々候補には上がっていた楽しみなお店です。c0000873_2238152.jpg前菜とパスタのランチにデザートを注文しました。前菜は中央上から、黄トマトとモッツァレラ・ほにゃらら(忘れたんかい!)バジル添え、右回りにトウモロコシの冷たいスープ、スプーン(これは食べられません)、パンチェッタのパテ(やったかな?)、焼きナスのアンチョビソース、いさきのマリネバルサミコソース(いさきやったかな?)。
スープが濃厚でものすんごく美味しかったです。ぜひ、家でも作って
c0000873_2245589.jpgみたいものです。
パスタは鎌倉ズッキーニとニガレバター・パルミジャーノをチョイス。ん?エシレバターってのは、聞いたことあるけど、ニガレバターってのはどこのバターかな?聞いたことないけど、つながりでフランスかなぁ・・・。などと思っていたら、一緒にいたトネリコさんが「こがしバターの香りがいいね!」。・・・・店の人、字は丁寧に
c0000873_22452797.jpg書いてくださいね。一人で顔を赤らめてしまったじゃないですか!
デザートはアールグレー紅茶のプリンとティラミス。
お料理を決めるのにはものすごく時間のかかる私ですが、デザートは消去法なので、すぐに決まります。プリンはよくある、柔らかめのではなく、チーズでも入っている?と思わせる少し固めの濃厚なお味でした。
こじんまりとした、いいお店でした。何よりもパスタのゆで具合が良かった。イタリア料理屋なんだから、当たり前でしょうと言う感じですが、美味しい!と思うところ、実はなかなかないですよね。どこもちょっと柔らかめ(単に私が固め好きという噂もあり)。でも、ここはいい茹で具合でしたよ。
来月は藤沢。楽しみだなー。グフフ。
(前菜の説明、よく聞き取れなかったので(って、外国人か!)、トネリコさんがブログ再開して、会のことをUPしたら確かめてください。たぶん、いや、必ずやUPするはずです。)

TRATTORIA Fossetta
鎌倉市西鎌倉1-2-1 (TEL:0467-32-4400)
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2005-07-13 23:09 | 美味しいもの探索
実験その6 イギリス食パン
c0000873_19441668.jpgちょっと間があきましたが、実験の再開です。
今日の粉は韓国해표(へピョ)社・우리밀(ウリミル)。私が今回、送ってもらった粉の中で一番期待していたもの。
この粉、100%国産の粉で、防腐剤、漂白剤を一切使用していません。なんてたって、普通の強力粉が1㌔約900W(100W≒10円)なのに対し、ウリミルは750㌘2700W。期待も膨らむってなもんですよ。なんてたって、日本の粉より高いんですから!
封を切ってびっくり!粉の香りがふわりと香ります。
うぉ~~~~~~!!←興奮。
貴重な粉ですから、大事に扱わなければなりません。今日はきっちり材料を冷やしてから始めました。それでも、少し捏ね上がり温度が高くなったので、一次発酵の時間を少なくしました。
ベンチタイムをとり、順調、順調・・・・と、ここまでは良かったんです。ここまでは。
c0000873_2093525.jpg二次発酵の際に気を抜いてしまい、ふと気がつくと発酵オーバー気味。焼成の釜伸びもあまりよくなく。そう、今日は30℃もあったのに、エアコンもつけずに作業して、生地を放置してしまいやしたねぇ・・・ヨヨヨ(涙)。正直なとこ、写真も美味しそうに見えないでしょう?
が、しかし。それでも美味しいのです。こりゃ、びっくりさ!この粉、ほんとに惚れました(友よ、これだけ誉めたら、また送ってくれるかね←期待大)。
只今、ワタクシ、韓国には美味しい粉がないなんて言ってしまった自分を戒めております。

本日のレシピと断面
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2005-07-11 20:25 | 手作りパンの香り
シャクヤクのラウンド
ウェディングブーケで人気がある花のひとつ、シャクヤクです。
ついこないだシャクヤクの季節だ!と思ったのに、もう、そろそろ終わりですねぇ。
c0000873_1131176.jpgこのブーケ、作る前は、ラウンドだから簡単、簡単♪と余裕こいていたのですが、いざ作り始めたら、ムズカスィ・・・。
これまで、シャクヤクのような大輪の花でブーケを作ったことがないのに、5本も使ってしまったものだから、もう、そりゃ悪戦苦闘。
今回のブーケはシャクヤクが主役なわけですが、トルコギキョウ好きの私には変り種の紫のトルコギキョウ(真下と左にちらっと見える花)も見逃せません。一瞬、カーネーション?と思ったりしました。アイスラベンダーという品種のようです。花屋さんで見かけたら、ぜひ手にとって見てください。


<花材>
シャクヤク、バラ(エスタ、キリマンジャロブライダル)、ギボウシ、サンキライ(葉、実)、トルコギキョウ(アイスラベンダー、オレンジ、八重咲きのイエローは共に品種不明)、秋色アジサイ
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2005-07-07 11:53 | お花のある暮らし
実験その5 ハイちゃんの白パン
今日は韓国から送ってもらった小麦粉の第2弾、限りなく強力粉に近い中力粉を使って白パンを焼きました。c0000873_1834688.jpg白パンを作るにあたって、レシピをどうしたものかと思いましたが、白パンといえば、やっぱりあのアニメ(あえて伏せます)でしょう。ということで、とりあえず、そのアニメの公式サイトへ飛んでみました。余談ですが、このサイト、飛ぶといきなり主題歌のメロディーが流れます。最後まで歌えた私って、私って・・・・・。
話を戻しましょう。そのサイトには、いろんなレシピがありました。もちろん、白パンのレシピもあったので、参考にさせていただきました。
ただし、今回も油脂はサワークリームで代用。
・・・・したのが、いけなかったのでしょうか。それとも、レシピが私の口に合わなかったのでしょうか。はたまた、使った粉に問題があったのでしょうか。なんて言うんでしょう・・・・
不味いことこの上なし

c0000873_1852420.jpgc0000873_18521916.jpg
今回の粉は한국생협(韓国生協)・밀가루(ミルカル)と言うもの。中力粉だと思っていたので、最初から水の分量は1割ほど減らしました(しかし、今回も冷やすのを忘れる)。
なので、ちょっと詰まり気味ではあるけれど、焼き上がりは悪くないのではないかと思います。でも、お味がねーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
しかし、よくよく考えてみたら、実験パンならノーマルなプチパンをまず作りなさいっ!てな話なので、次回、もう一度ノーマルなプチパンで試してみたいと思っています。

それと、最後に・・・・・
この白パン、どうみてもあんまんとか肉まんにしか見えないわけですが(一番前のものはベーコンとブラックペッパーを入れて焼いてみました)、「この中華まんの中身はなんですか?」などと言う突っ込みは受け付けませんので。あしからず。
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2005-07-05 19:09 | 手作りパンの香り
実験その4 プチパン&ソーセージパン
韓国在住の友達が3種類の小麦粉を送ってきてくれました。
前回、私が買って来た粉は強力粉というパッケージの中力粉だった!」と鼻息を荒くして話したら、今度はたんぱく質含有量が12%のもの(日本で言う強力粉)と13%のもの(日本で言う最強力粉)、それから中力粉。・・・え?マタ チュウリキコ デツカ・・・ヨヨヨ。
c0000873_15191855.jpgパッケージにも中力粉と書いてあるので、早速メールで問い合わせると、中力粉だけど限りなく強力粉に近く、かつ無添加の国産の小麦なのだとか。イメージ的に、日本のはるゆたかという感じでしょうか。
いずれにしても、韓国生協では、この粉でパンを作っているそうです。なるほど。

そんなわけで、今日はこの3種類の粉のうち、たんぱく質含有量12%の強力粉(삼양사(サムヤン社)・Q1)を使って焼いてみました。レシピは、久しぶりに島津先生の『こねてたたいて焼きたてパン』(婦人之友社)、リーンなパンの生地レシピを参考にさせていただきました。島津先生のレシピと違うのは油脂。冷蔵庫の奥に、既に賞味期限が切れて6日ほど経ったサワークリームが鎮座されていたので、バターのかわりにサワークリームを使いました。

c0000873_1520385.jpgc0000873_1521631.jpg









この粉、いいです。非常に扱いやすく、少々失敗しても(実は気温30℃にも拘らず、水を冷やしておくのを忘れていたため、こね上がりが32℃にまで達しました)、美味しく焼きあがります。もちろん、特別なことは一切していません。いつも使っている強力粉(ライラック)で焼くのと同じように焼きました。
よくよく聞いてみると、この粉、普通にスーパーで買えるのだとか・・・・。
私が過去に買って来た粉は、そして、これまでの努力は一体・・・・。がっくり。
そんなわけで、ここに発言の撤回を致します。
韓国の粉はダメ!強力粉は中力粉!!美味しいパンなんて作れませんからっ!!!
・・・・ってのは、嘘です。皆さん、安易に人の言うことを鵜呑みにして騙されないように。
 
<緊急大募集>
それでもサワークリームが残っています。使い道を教えてください。よろしく。ペコリ。
あ、賞味期限が切れて久しいので(←捨てろよ)、生食レシピは受け付けませんので。
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2005-07-03 15:57 | 手作りパンの香り