タグ:旅 ( 36 ) タグの人気記事
by たいたい
にゃごや飯 後編
c0000873_11112741.jpgほんの少し前のことが1年ぐらい前のことのように感じること、ありませんか?
おはようございます。たった2週間前のことなのに、すっかりにゃごやのことが記憶の彼方に追いやられている たいたいです。

にゃごや、いろんな物を食べたのですが、一番印象に残っているのは、ひつまぶしと天むす。
ひつまぶしはいば昇でいただきました。ワタクシの中ではほぼメインに近かったひつまぶし。
にゃごやの友やパン教室の友にまで聞きまくりましたとも。
皆さんが口をそろえて教えてくれたお店は、どうやら本店がちょいと離れたところにある模様。
デパートの中にお店が入っていたりもするのだけれど、にゃごやんに言わせると、どうやら、本店じゃないなら、別の店!らすぃ。
てなわけで、いば昇。ウマイから。めちゃウマですから!ここ、今までのうなぎ人生(どんな人生?)の中で一番美味しかったです。うなぎ嫌いのヲット(なら、なぜウナギ屋へ?などという質問は消してください)も大絶賛しておりました。
c0000873_1123928.jpg並んだ甲斐があったというものです。

にゃごやと言えば、こちらも忘れちゃならない、手羽先。皆さんオススメの世界の山ちゃんでご馳走様♡
ピリッと胡椒のきいたアツアツの手羽先は、もうビールと相性ぴったり。
・・・・・って、アルコールを受け付けないワタクシはウーロン茶でがんがん食べまくりでしたが、何か?

にゃごや飯で気になっていたものがもうひとつ。

それがこちら。
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2007-06-28 11:15 | 美味しいもの探索
にゃごや飯 前編
c0000873_10531775.jpg週末、にゃごやに行って来ました。ミラクルワールドにゃごや、いいですね!
こんにちは。食べ損ねた名古屋コーチンの焼き鳥が昨日の夢だった(←夢の中でも食べられなかった人)たいたいです。

さて、にゃごやと言えば、小倉トーストやらなんやらの甘い物。甘い物と言えば、香港。そんなわけで、糖朝に行きました。←めちゃめちゃ強引なこじつけ
写真左はワタクシがいただいたマンゴー入り杏仁豆腐。
ええ、マンゴーはあまり得意なほうじゃないのですが、なんとなく雰囲気にのまれてマンゴーいっとかなきゃ!的な気分になってしまいまスタ♥ ←激日本人。
出された時に杏仁豆腐よりもマンゴーのほうが多いのでは?という一抹の不安があったりなかったりしたわけですが、非常に美味しくいただけました。満足、満足。
ちなみに、友1が食べたのはタピオカマンゴー(写真右下)、友2が食べたのはドライアイスの華麗な演出で花嫁さんもびっくりの豆腐花マンゴー添え(写真左下)。
普段、甘い物を食べに行く機会が乏しいワタクシ、実は、この豆腐花というものをまだ食した経験がありません。興味津々。ワタクシがオーダーしようかとも思ったのですが、いかんせん、甘い物のストライクゾーンは激狭なもので、友2のを一口いただきました。

・・・・・・・豆腐やん _| ̄|◯

c0000873_11153830.jpgc0000873_1115518.jpgこれ、食べ慣れたら美味しくなるんですかね。
それとも、もともとお豆腐があまり得意でないワタクシが食べるべきものではなかったのでせうか?
ま、人生、何事も経験ってことで。ホホホ

マンゴー祭りの前に・・・
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2007-06-18 10:58 | 美味しいもの探索
修行の旅 後編
c0000873_11361290.jpg春と言えば挿し木、というのが今国会の主要テーマだそうですね。
こんにちは。只今、オリーブ、ミモザ、ライラックの枝分けして下さる女神様、募集中のたいたいです。

すっかり忘れていましたが、黄金週に修行の旅へと出かけました。
本日はその後半偏。
写真右は帰りのキンポ空港のフードコートで食べたポリバップ。麦ご飯のビビンバとでも言いましょうか。まあ、なんかそんなような物です。←いい加減。
日本ではビビンバといえば石焼ですが、韓国では比較的多く、石焼じゃないビビンバにお目にかかれます。そもそも一般のご家庭は石焼じゃないですしね。
ちなみに、これはヲットが食べたのですが、その時ワタクシは何を食べたかというと・・・・ジャジャンパップ(写真左下)。韓国式ジャージャー麺のタレをご飯にのっけたものなんです。なんだか分からないのですが、久しぶりに食べたくなり食べてみました。うん、久しぶりの韓国的B級な味。

写真右は毎回登場のピョダギヘジャンクック。これはここ最近、日本でも食べられるようになったカムジャタン(豚の背肉とジャガイモの鍋)をひとり分にしたもの。c0000873_11523687.jpgc0000873_1152504.jpgカムジャタンは量も多いので、2人だとちょっとキツイものがありますが、こちらは一人分で出てくるので大丈夫。ちなみに、ピョダギヘジャンクックの場合、ジャガイモは、お店によって入っていたり入っていなかったりします。
カムジャタン、日本でも食べられますが、韓国のものと結構違います。
韓国に行かれた際には是非是非お試しあれ!(激辛ですけど)

帰国後に友が送ってくれたものは・・・
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2007-05-21 11:45 | 韓国B級グルメ
修行の旅 前編
c0000873_1059062.jpg背中が痛い。腰が痛い。足が痛い。おはようございます。全身筋肉痛のたいたいです。

食以外何の楽しみもない国への修行から戻ってまいりました。
5倍返しのリバウンドに怯え、戻ってきた翌日からウォーキングを開始したところ、現在、激しい筋肉痛に襲われております。
しかし、不思議なのはゴールデンウィーク明けの今朝から筋肉痛が始まったということです。
あれですかね、普段、すこぶる良い子のワタクシに神様が「GWの間はゆっくり休みなさい。痛みはその後に・・・」とかなんとか、そういうことで、痛みを遅らせてくれたのでしょうかね。←激しく勘違い
と、そんなことはさて置き、今回の食紀行(←これまた激しく勘違い)ですが、病み上がりだったこともあり、普段は食さないような胃にやさしい物が満載だったような気がします。
ちなみに、上のゲロのような写真は(←こら!)ヌルンジ タッペクスック。サムゲタンのスープがないバージョンとでも言いましょうか。
これとは別におこげのお粥も出てくるのですが、これが香ばしくて非常に美味でした。

こんなんも食べましてん。
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2007-05-07 11:08 | 韓国B級グルメ
伊豆うまか旅 その4 (3/21)
c0000873_1061698.jpgついに!1週間で1.5㌔減
キタ─────(((゚∀゚)))─────ッ!!
お久しぶりです。強制的に1.5㌔の減量に成功した たいたいです。

実はこの10日間、39度超えの高熱で生死を彷徨って(嘘)いました。
どうやら風邪ではなかったらしく、10日間ほど抗生物質を飲みつづけました。
その間、食欲が激減したため、ほとんど何も口にできず強制的なダイエットと相成ったわけです。(※良い子の皆さんはまねしないでください。)
3日でリバウンドに1000点!(懐かしのクイズダービー風)

それはさて置き、伊豆(まだ続いてるんですかと。)の旅での初日。
伊豆高原で銀細工体験をしました。陶芸と迷ったのですが、ちょうど太目のシルバーリングが欲しかったので銀細工の工房におじゃましました。そんなわけで完成したのが写真右上のリング。あまりピカピカにしたくなかったので、磨きの工程を半分に。
今後、これに大き目の石をのせる予定。まだ未完成なのです。

これ、なぁ~に?
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2007-04-23 10:12 | とっておきの風景
伊豆うまか旅 その3 (3/20)
c0000873_11542546.jpgウォーキング続いてます。1週間も続いてます。ミラクルです。
こんにちは。あと1週間ぐらいでやめる、に50円!(←せこっ!)の
たいたいです。

さてさて、伊豆の続き。←どこまで引っ張るつもりですかと。
伊豆の心地よい風景を楽しんだ後、西伊豆は堂ヶ島に到着した私たち。写真(左)は今晩のお宿。
お部屋に露天風呂がついていて、かつお食事もお部屋出し。満足、満足。
いやいや、それ以上に満足なのは露天風呂。海辺の露天風呂は見渡す限り、海、海、海。
波の音が臨場感溢れすぎていて怖いぐらいでしたYO!そして、忘れちゃならないのが、西伊豆。西なのです。夕日が海に落ちていく様を露天風呂から眺められる(実は貸切の露天風呂もあるのですが、さすがにこの時間帯は無理でした)なんて、ほんとに極楽です。
訳あって、長風呂はできなかったのですが、日本人に生まれてよかった、と。まあ、尤も、日本人として生まれていないヲット(←激温泉好き)の方が満喫していましたが。 ナンデ?

もうひとつのお楽しみ
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2007-04-09 11:54 | 美味しいもの探索
伊豆うまか旅 その2 (3/20)
桜は日本人の心。すなわち、お花見とは日本人の心を最も強く感じるための儀式でもあるわけです。こんにちは。旨い物食いたさに日本人の心を強く感じようと、お花見に出かけ、風邪をぶり返すハメになった たいたいです。
c0000873_148279.jpg
もうなんだか伊豆に行ったのが遠い昔のことのように思われるわけですが、そんなことは気にせず記録、記録・・・・っと。 ・・・・・何か?
明けて翌20日。朝からいきなりリゾットが出たのには驚きました。しかも結構な量。目も覚めますわ。ほんとに。オムレツもふわふわとろとろで美味しかったです。でも、お腹は朝からたぷん、たぷん。
お昼過ぎに伊豆高原を出発。向かうは伊豆半島の西にある堂ヶ島。
途中ちょこちょこ寄り道をしながらドライブ、ドライブゥ~。車は楽チンでいいねぇ。

伊豆の心地よい風景
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2007-04-02 14:13 | とっておきの風景
伊豆うまか旅 その1 (3/19)
扁桃腺を馬鹿にするものは扁桃腺に泣く。要注意だ!諸君。
こんにちは。ようやく熱が下がり、今はオサーン咳に悩まされている たいたいです。
c0000873_11431623.jpg
ヲットの計画年休で9日間のお休み。あーでもない、こーでもないと迷った末、結局、近場の伊豆に行くことになりました。
ヨーロッパから、何がどう間違って伊豆になってしまったのか分かりませんが、とにかく伊豆なのです。伊豆。いいとこですよ、伊豆。ああ、こりゃこりゃ。
まずは伊豆高原。伊豆高原にはオサレなお宿が結構あるのですが、前々から気になっていたのは伊豆ぐらんばる公園のお隣に位置するコルテラルゴ(※音が出ます)。c0000873_11524689.jpgオフシーズンの平日でお部屋がちょうど空いていたので、こちらのサンタフェというお部屋にご宿泊。外のお風呂、なかなか気持ちよかったです。サイトの通り蘭のお花も用意されていましたし。
DVDを見たりなんたりでくつろいでいると、あっと言う間に夕食の時間。カメラの準備もOK。撮る気満々でしたが、いかんせん、この明かり(写真右)では写りません。
致し方なく写真は諦めることに。前菜の真鯛のカルパッチョからデザートのクレームブリュレとパッションフルーツのソルベまで全6品のフルコースでした。お腹、たぷん、たぷん。

この日の昼食は・・・?
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2007-03-26 12:05 | 美味しいもの探索
蓼科・軽井沢 その3
c0000873_1933498.jpg喉ががらがらでまたもやオサーンみたいな声になってますよ?
おはようございます。ハタチにして身体中にガタがきている たいこりんです。←再々?

二日目の宿泊先は蓼科は親湯
すぐそばに滝が流れていて、自然いっぱいの中のホテルでした。
到着した日まではお天気も良かったのですが、翌朝、出発するあたりからなんだか雲行きがあやしくなり・・・。

信州と言えば、お蕎麦。今回の旅行ではまだ一度もお蕎麦を食べていません。
もともとお蕎麦よりもうどん派の私は、これまでの人生の中でもそんなに何度もお蕎麦を食べた記憶がありません。
ですが、登美さんでいただいた鴨せいろ、本当に美味しかった。
お蕎麦もつやつやぴっかぴっか。
c0000873_19323590.jpgレジ横に蕎麦の身と粉が置いてあり、いろいろと説明してくれました。
c0000873_19331510.jpg↑いたく感動した割には、もう覚えていない人。
食べ終わった時点で雨はかなり激しくなっていました。が、バラクラ イングリッシュガーデンを見終えた後に、お蕎麦をいただいていたので、もう帰ってもいいかなという気持ちにはなっていました。
(もちろん、晴れていたら、もっといろんなところに行ったかもしれないけど)
そのバラクラ、時期的にお花があまりなく、非常に残念でした。やっぱり春に行かなきゃだめねぇ・・・・・・・ふぅ。
c0000873_19333346.jpg


信州の顔
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2006-09-26 19:31 | 美味しいもの探索
蓼科・軽井沢 その2
c0000873_11240100.jpgc0000873_112505.jpgなんだか急に寒くなりましたね。鼻水とくしゃみがとまらないのは風邪ですか?それとも、新たな植物に反応している・・・?
こんにちは、たいこりんです。←再?

今回も蓼科・軽井沢を引っぱります。←たった2泊でどこまで引っ張るつもりですかと。
順序が前後しますが、写真左上は本日の夕食。アトリエ・ド・フロマージュでチーズフォンデュをいただきました。チーズは好きなのですが、アルコールがだめな私は白ワインの香りぷんぷんのチーズフォンデュがあまり得意ではありません。
でも、ここのチーズフォンデュは美味しくいただくことができました。自家製チーズと言うだけあって、ピザも非常に美味しかったです。・・・・・食べ過ぎて気持ち悪くなりましたが。
写真右上は本日のお宿HOTEL St.,maire KARUIZAWA
お部屋もバリ風で、お香が焚かれていたり(って、お香苦手なんですけど・・・汗)、さりげなくお花が飾られていたりと、なかなか心地よいお部屋でした。
ちなみに、パジャマの他に女性はパレオ、男性はピヤマ(?)なる部屋着も貸してもらえます。
c0000873_1132046.jpgc0000873_1125538.jpg
ウマウマなフレンチ
を堪能した後、お店の近くにあるエルツおもちゃ博物館(写真上)へ。
エルツ地方の木のおもちゃをメインに展示したこの博物館ではアドレナリンが激噴出。ガラスに触れないでくださいとか、写真撮影はご遠慮ください等の注意書きを無視しまくり。もう、かぶりつきで見てしまいました。充実、大満足♡

お約束の旧軽銀座
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2006-09-25 10:53 | とっておきの風景