タグ:旅 ( 36 ) タグの人気記事
by たいたい
蓼科・軽井沢 その1
c0000873_13463396.jpg・・・こりん♪こりん♪
ここ最近、何故かゆうこりんの声が頭から離れません。
ご無沙汰しております。
たいこりんです。←?

行ってまいりました。蓼科・軽井沢。
熊でも出ればいいのにとか、軽井沢と蓼科限定で、局地的に真冬の寒さになればいいのにとか、大雨・台風・波浪警報、ついでに停電になればいいのに等の心温まるお言葉をいただきましたが、すこぶるいいお天気で楽しゅうございました。これもひとえに日頃の行いかと。グフフ。

c0000873_1356216.jpgお昼過ぎに軽井沢に到着。鎌倉の美味しいお店の本店が軽井沢にあると知り、絶対に行きたいと思っていました。
ナビを頼りに向かうも全くお店が現れません。致し方なく、お店に電話すると、「ナビだと、中軽井沢のほうに行っちゃうんですよ。塩沢の交差点を左に曲がって2軒目ですから、ナビを無視していらしてください。」
・・・・何のためのナビですかと。
と、そんな軽いサプライズを受けたりもしましたが、オフシーズンだからか、観光地から外れているからか、予約なしでもすんなり入れました。
写真左上は前菜前のアミューズ。シュー生地の中にチーズが入っています。ウマウマ。
前菜以降も期待できそうな予感です。

その他のウマウマは・・・
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2006-09-24 13:45 | 美味しいもの探索
スンデなるもの
c0000873_20295178.jpgまだ梅雨も明けてないというのに夏風邪です。ちゅーか、まだ夏になってませんけど?こんばんは。喉がらがらで、またしても声がオヤジ化してしまった たいたいです。

今日は私の韓国の食のお話でよく登場するスンデ(写真右)のお話。
これ、春雨をあんなものやこんなもので混ぜ混ぜして、豚の腸に詰めて蒸したもの。
ええ、たいていの日本人は興味を示すのですが、一口食べた後、そっとお皿をこちらに返します。そんな食べ物です(笑)。
実を言うと、私も最初はそうでした。かの有名な(?)南大門市場で食べたのが最初だったのですが、えも云われぬカホリにウェッ。
以来、韓国に住むことになってからも食べようとは思いませんでした。
ですが、周りの韓国人があまりに美味しい、美味しいと勧めるのです。その都度、丁重にお断りしつつも、もしかしたら、初めて食べた味がイマイチだったのかもしれなと思うようになりました。
そして、在韓1年ほど経ったある日のこと。無性にスンデが食べたいと思ったのです。
もしやご懐妊ですか?!と思うほどの180度の方向転換(妊娠じゃありませんよ。念のため。笑)。尋常ではいられない何かが起こったのか、はたまたB級グルメの神様が舞い降りたのか、それは分かりませんが、食べてみたのです。

・・・・めちゃめちゃ美味しいやん!

c0000873_20443050.jpgc0000873_2044416.jpg以来、狂ったかのように食べまくった時期がありました。もちろん、今は日本に住んでいると言うこともあって、しょっちゅうと言うわけには行きませんが、韓国に行ったときはもちろん、こっそりかばんに忍ばせて密輸したりもします。
そんなスンデのバリエーション、スープにご飯を入れたスンデクッパップ(写真左上)。日本で言うクッパとはスープにご飯を入れたものの総称なんです。なので、スンデ入りスープご飯はスンデクッパップ。
お隣の赤いのはコプチャン・スンデポックム。コプチャン(ホルモン)とスンデを炒めたもの。春雨やキャベツなんかの野菜も一緒に炒めちゃいます。これ、めちゃめちゃ辛いです。
ヒーヒー、フーフー。汗もだらだら。韓国に行かれた際にはぜひ一度お試しあれ!
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2006-07-24 20:55 | 韓国B級グルメ
連休はどちらへ?
c0000873_1132021.jpg3連休、皆様どんなふうに過ごされましたか。
こんばんは。3日間でトータル11時間の睡眠という非常に健康的な生活を送った たいたいです。

韓国に行くと、必ず食べるのがサムギョプサル(豚バラの焼肉)、スンデ(韓国風春雨の腸詰)、コプチャン(ホルモン)のゴールデントリオ。もちろん、他にもいろいろあるのですが、この3つを外すことはまずありません。
ちなみに、写真トップは以前も登場したポッサム(ゆで豚)。これもここ最近、外すことはなくなりました。
自分の好きなものというのは、美味しいお店、気に入ったお店があるものですが、今回の訪韓では時間がc0000873_119304.jpgなかったので、わざわざ足を運ぶというわけにもいかず、当たり外れのないチェーン店でいただきました。
チェーン店でも、こちらはお店も比較的綺麗で味もよし。もちろん、バンチャン(おかず)も出てきます(写真右)。
ちなみに、今回のお店は江南高速ターミナル内中二階にあるノルブポッサム(日本語サイトあり)。ここ、場所柄、非常に便利なのでよく利用します(笑)。
今回、金曜日の深夜12時半に急遽、韓国行きが決まりまして・・・、準備その他で寝たのは3時。チケットはあるものの、席は押さえていなかったので、朝7時半には羽田のキャンセル待ちの列に並んでおりました。

そこまでして確かめたかったこと・・・
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2006-07-17 01:09 | 韓国B級グルメ
箱根 おまけ編
黄金週明け、急激にヨガを再開したら、また腰にきました。イテテテ・・・
こんにちは。黄金週の遅れを取り戻すべくサクサク更新中のたいたいです。
c0000873_12192570.jpg
今回も黄金週のネタが続きます。箱根最後のネタは朝食編。
ここ、夕食もどうしてくれようかというぐらい美味しかったのですが、朝食も豪華です。
ちなみに、朝食も一品一品出てきます。まず最初に出てきたのはフルーツとヨーグルト(写真トップ)。惜しげもなくフルーツが!メロンが甘くて美味しかったです。

c0000873_12231260.jpg続いてメイン(?)の生ハムとサラダ(写真左)。生ハムの下には大根・ニンジン、山芋なんかが隠れていました。
トマトのお隣の小ナスはコンソメのゼリー寄せみたいな感じで、美味でした。
ここ、夕食の時も感じたんですけど、コンソメが本当に美味しい。今までいただいたコンソメと全然違うんです。
ドレッシングも手作りのようで、オリーブオイルの香りのきいた素朴なお味でした。これで終わりかなと思ったら、最後にスープが出てきました。

・・・・え???!!!
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2006-05-01 12:17 | 美味しいもの探索
箱根 後編
こんにちむ。黄金週の遅れを取り戻すべくサクサク更新(予定)のたいたいです。
c0000873_1581032.jpg
予定していた箱根観光を終え、いよいよ本日のお宿にチェックイン。
黄金週をあと2日に控え急遽決めたお宿はフォンテーヌブロー仙石亭。黄金週のわずか一週間前にオープンしたばかりのオーベルジュです。
こちらのシェフは元帝国ホテルのシェフだそうで、お料理は期待度満点♡
急遽決めたということもあって、いいなと思う所はいっぱい。偶然にもこちらのお宿が目に留まったわけです。肝心の温泉のほうも、源泉かけ流し100%天然温泉をうたっているようだし、行ってみますかってな感じで予約。
と、前置きが長いですね、お料理、お料理・・・。

テーブルセッティングもマル。期待度が高まります。
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2006-04-30 19:05 | 美味しいもの探索
箱根 前編
9連休もあっという間。黄金週も明日で終わりです。
こんにちは。・・・・よく考えたら、毎日が黄金週のたいたいです。
c0000873_18173225.jpg
黄金週の間、予想通りブログはほったらかしでした。特に何をしたというわけでもないのですが、急遽、箱根に行くことになりまして・・・・それを1週間遅れでUP!

県内なので当然といえば当然ですが、箱根って意外と近いんですね。
もっと遠いんだと思ってました。なんてたって、温泉地。旅行だー!って感じがするじゃないですか。でも、車でぶぶっと寄り道しても、2時間弱。近い、近い。
c0000873_18185042.jpgまずは、小田原あたりでお寿司を・・・・って、日曜日は漁港が休みらしく、フラレにフラレまくり。
致し方ないので、富士屋ホテル脇の渡辺ベーカリーシチューパン(写真右上)をいただく。
前にパン教室でも話題になっていたし、一応、押さえておこうと。←ただのミーハー
狭い店内には私たち以外にもミーハーさんがてんこ盛りでした。ぎゅうぎゅう。

軽く腹ごなしもできたところで、まずは星の王子さまミュージアム(写真トップ)へ。
入場料一般1500円・・・・高っ!ここ最近、入場料のあるような場所に行ってないせいか、高く感じられましたよ。ええ(涙)。
c0000873_1825054.jpg・・・・が、しかぁ~~~~し!一歩、中に入ると町並み(写真右下)、お庭、カフェやレストランなど非常によく作られていました。満足。ちっとも高くなんてないよ!ただ・・・・・問題は、私が星の王子様を読んだことがなく、お話そのものが分かっていなかったこと(汗)。←じゃあ、行くなよ。
これから行かれる皆様には、本を読んでから行かれることをおすすめします。

渡辺ベーカリー
神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下343  (TEL:0460-2-2127)

続いて・・・
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2006-04-30 17:58 | とっておきの風景
韓国ウマイもの 後編
c0000873_17163627.jpg暖かくなって桜も今週末ぐらいまででしょうか。
こんにちは。たとえ花粉症で涙・鼻水を垂れ流してでも桜を愛でたい、そんな年頃の たいたいです。

韓国ウマイもの後編のスタートはまたまた豚。
私は基本的に生のキムチがあまり好きではありません。炒めたキムチは美味しくいただけるのですが、生は今ひとつ。が、このポッサム(ゆで豚・写真右)と共に出てくるキムチだけは美味しくいただけます。
やはり、豚とキムチの相性はいいのでしょうかね。
そして、焼肉。やっぱり豚(笑)。
テジカルビ(写真左下)。
タレに漬け込んだ豚のカルビを網焼きで。我が家では豚といえば、サムギョプサルだったので、テジカルビはとても久しぶり。美味しくいただきました。滞在日数も多くなかったので、食の回数も限られています。
そんな中で、最後の最後に、空港でオットが食べたいといったものがジャジャンミョン(韓国風ジャージャー麺・写真右下)。少し、甘めで、かつ何とも言えない豚の油が私の食欲
c0000873_17264980.jpgc0000873_1729014.jpgをへし折る、このジャジャンミョン、韓国にいた頃は好んで食べたことがありませんでした。
珍しく、一口食べたいなと、パクリ。あー、こんな味だったなぁ・・・。←微妙。
子供から大人まで大人気のジャジャンミョン、見た目にもぎょっとする色ではありますが、記念に(?)ぜひ一度・・・・笑。次の訪韓は夏。次は何を食べようかなぁー♪
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2006-03-28 17:43 | 韓国B級グルメ
韓国ウマイもの 前編
修業の旅から戻ってまいりました。楽しみは食のみ。予想を裏切ることなく体重増ですが何か?こんにちは、まだまだ育ち盛りの たいたいです。
c0000873_22101362.jpg
韓国といえば焼肉。焼肉といえば骨付きカルビ!ですが、私は個人的に韓国といえば豚。豚といえばサムギョプサル(豚バラの焼肉)だと思っています。
豚バラの焼肉なら日本でもできるのでは?と、思うかもしれませんが、いえいえ、日本の豚と韓国の豚は全然味が違うのです。そんなわけで、韓国に戻ったときは必ずサムギョプサルを食べに行きます。
c0000873_22103612.jpgご存知の通り、韓国ではお肉のほかにおかずがたくさん出てきます。
このお店は地下鉄3号線景福宮駅の近くにあり、私がこれまでソウルで食べたサムギョプサルの中で一番美味しいと思います。
日本語は通じませんが、食べ物屋さんは何とかなるものです。ソウルに行った際はぜひ!

제주한우촌(チェジュハヌチョン) 
TEL:02-737-5338 (日本語不可)
地下鉄3号線景福宮(327)1番出口から直進。
陸橋を過ぎ、すぐ右折。突き当たり右手。

その他に・・・
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2006-03-22 22:05 | 韓国B級グルメ
お巴里 その5(最終回)
食欲の秋が体重の増加を強化中。今度こそヨガを!と心に誓って3日目のたいたいです。
c0000873_956541.jpg
久しぶりにパリ旅行記。と、言っても今回はパリではなく、最終日に日帰りで行ったベルギーはブリュッセル。ベルギーといえば、やっぱり、これ。ビールですよね。
・・・・・と、言いたいところですが、私、アルコールを受け付けない体質でして(汗)。
逆にオットはワインよりも断然ビール派なので、ベルギーバンザイ!とウホウホ顔でした。
しっかし、ベルギーには酒屋さんにたくさんのビールを置いています。思わず写真に撮ってしまうぐらい。これ、全部、ビール。圧巻ですよね。
c0000873_1002073.jpg日本では見かけないようなビールもたくさんありました。
そのうちのひとつ。(もちろん)オットがいただいたチェリーのビール。香りはチェリーそのもの。でも後味はしっかりビール。
私はお酒を飲まないのでわからないけど、チェリーのビールカクテルのような?←そんなカクテル、あるんか?
このほかに、フランボワーズ、ピーチ、オレンジ等などいろんなフレイバービール(?)があったので、一通り買って帰りました。

ベルギーと言えば、ビールの他に・・・
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2005-11-01 10:44 | お巴里のイロイロ
お巴里 その4
熱は下がったのですが、オッサンのような咳がとめどなく出る たいたいです。
c0000873_0514814.jpg
ここ最近、日本にもお花屋さんがとても増えましたが、パリの街角にもたくさんのお花屋さんがあります。
さて、この写真(上)のお花屋さん、パリのお花屋さんにしては非常に珍しいと思うのです。なぜかと言うと・・・・・・とーーーーーーっても色とりどりでたくさんの種類の花が店先に並んでると思いませんか?
日本では、お花屋さんにいろんな色のいろんな種類のお花があるのは当たり前のことですが、それゆえにお店の統一感が出ないのです(これ、お花の師匠の言葉のパクリ)。
c0000873_057650.jpg一方、こちらのふたつ(左・下)はとてもパリらしい。パリのお花屋さんの特徴はショップそのものを器に見立てているかのように、仕入れる花を選んでいるのだとか。
c0000873_0571543.jpg
確かに写真左の店は白とグリーンを中心とした花、右の店は色は様々だったもののバラのみを置いていました。
ディスプレイもとても素敵でしたが、日本のお花屋さんに慣れている私にはなんだかお花屋さんじゃないような感じさえしました(笑)。

パリといえば牡蠣!
[PR]
by たいたい by taitaifromseoul | 2005-10-26 01:06 | お巴里のイロイロ